品目No・・・BW066

製作元・・・メイソン

品名・・・・カップ&ソーサー、1800〜05年頃

寸法・・・・カップ:直径68*高さ64mm、重量100g

・・・・・・ソーサー:直径141mm、重量160g


図柄はウィロウパターンの悲恋物語がまだ確立する前で、橋の上の人物は2人です。
メイソン窯は、18世紀末に英国スタッフォードシャーでマイルズ・メイソンが創業した窯です。このカップは創業初期のもので、ロイヤル・フルート・シェイプと呼ばれる器形の半硬質磁器製です。
マイルズは1813年に2人の息子ジョージとチャールズにこの窯を引継ぎましたが、この年に有名なメイソンのストーンウェア「アイアンストーン」の特許を取得しています。
カップ口縁外側の金彩部分に一部微小剥離がありますが、実用上も鑑賞上も問題ありません。  

下側のサムネールをクリックすると別の画像をご覧になれます。