品目No・・・EA085

製作元・・・ニューホール

品名・・・・カップ&ソーサー、1800〜10年

寸法・・・・カップ:直径84*高さ57mm、重量90g

・・・・・・ソーサー:直径142mm、重量120g


ビュート・シェイプにリング・ハンドルを付けています。藍と金彩を使った不思議な連続模様で装飾した200年前のカップです。少し灰色がかった素地は英国では極めて希少な硬質磁器の特徴です。       
ニューホール窯は英国スタッフォードシャーのシェルトンで1782年から1835年まで操業していましたが、ブリストル窯から引き継いだ硬質磁器の技術を1810年頃まで使用していました。     

ソーサー縁にニュウが入っています(補強済み)。

下側のサムネールをクリックすると別の画像をご覧になれます。