品目No・・・EB077

製作元・・・コウルドン

品名・・・・トリオ、1910年代

寸法・・・・カップ:直径80*高さ45mm、重量75g

・・・・・・ソーサー:直径144mm、重量135g

・・・・・・プレート:直径175mm、重量230g


シノワズリとインド更紗の影響を想わせる草花文様の意匠です。カップ底部が外側に鋭角に張り出した珍しいシェイプになっていますが、コウルドンでは他にも作例があります。
コウルドン社は1905年に設立された窯です。(前身はブラウン−ウェストヘッド、ムーア&Co.)。米国のティファニーからもその技術を認められ、陶磁器の注文を受けていました。1924年にはコールポートを買収し、1962年に陶器部門と磁器部門に分かれ、その磁器部門は、現在コールポートとしてウェッジウッド・グループの一員になっています。

下側のサムネールをクリックすると別の画像をご覧になれます。