品目No・・・MT111

製作元・・・ミントン

品名・・・・カップ&ソーサー+スペア・ソーサー、1820年代

寸法・・・・カップ:直径84*高さ63mm、重量125g

・・・・・・ソーサー:直径146mm、重量160g

・・・・・・スペア・ソーサー:直径144mm、重量155g

      
ソーサー中央部には花卉文を描き、周辺はグリーンの地に珍しい貝の文様を配し、その間を金彩模様で装飾しています。
カップやソーサの縁はフレアー状に拡がり、ガドルーンと呼ばれる縁飾りの装飾技法を使っています。アンピール様式の名残とも言えそうなこの技法は元々は18世紀の銀器の装飾からきています。
ソーサーの上絵付けや金彩は部分的に剥げています。

単独写真のソーサーは花卉文を描いたソーサーよりも状態が良いのですがスペアとしてお付けします。
最後の写真はスペア・ソーサーを使い、花卉文付きソーサーをプレートとして飾った組み合わせです。






↓HOME↓

英国アンティーク陶磁器の専門店です。
英国名窯古陶磁からその他の西洋骨董陶磁器、銀器まで取り揃えています。